ホーム > パソコン > クリーミーなもこもこ泡

クリーミーなもこもこ泡

顔の皮膚は非常にデリケートなので、手でごしごし洗顔するのは絶対ダメで、洗顔料に水をたっぷり含ませ、空気入れながらもっこりした泡を作り、その泡をお肌の上に載せていくような感じで洗顔しなければならない、と聞きました。

それをやってみたのですが、全然もっこりした泡にならないのです。

そこで泡立てネットが良いと聞きすぐに購入してそれも試してみました。

でも、テレビのCMで見るようなソフトクリームのようなもっこり泡は出来ませんでした。

それに、ネットが衛生的に保たれているかどうかの方が気になってしまい止めてしまいました。

次に、ポンプを押すと泡で出てくる洗顔料を購入してみました。

確かに泡々で出てはくるのですが、あのCMのようなクリーミーな状態ではありません。

もっと水っぽい感じでした。

「本当にこれで綺麗に汚れが落ちるのかな?」と疑問でした。

また、シャンプーやリンスと同じで、少なくなってくると、更に濃度が薄くなる気もしました。

よくよく聞いてみると、CMのようなクリーミーなもこもこ泡までしなくてもいいそうです。

ただ、水と空気をたっぷり含みながら丁寧に泡立てて、そっと顔をマッサージするように洗ってあげたらいいそうです。

あのCMの泡はビールや炭酸飲料の泡と同じで、ある程度演習なのかもしれませんね。

みんなの洗顔方法

関連記事

クリーミーなもこもこ泡
顔の皮膚は非常にデリケートなので、手でごしごし洗顔するのは絶対ダメで、洗顔料に水...
テスト
テスト記事です。...